トルコリラ円スワップ生活-アメリカ合衆国

ドル高トルコリラ安円安が進行



先週末の1トルコリラ=31円40銭くらいから、31円90銭に届くかというところまでトルコリラが上昇。

先週最安値が31円10銭くらいでしたから、徐々に上がっていると…と思いたい(笑

先週のまとめ

ドル高トルコリラ高円安

トルコ自体は大きなテロ事件も起きてなく治安回復が進んでいるとみられるものの(トルコリラ高要因)、トルコ04月消費者物価指数や同04月生産者物価指数は市場予想を上回る(ヤバイくらいの)悪さ(トルコリラ安要因)で、上値が重い展開となりました。

それでもフランス大統領選挙でのマクロン氏優位からの欧州政治リスクの後退

北朝鮮をめぐる地政学リスクも後退した結果、世界的な株高展開から、リスクオン状態の新興国通貨(トルコリラ)買いや円売り(円安)が進みました。


一方の米国ドル(と日本円)。

注目の米国雇用統計は、

04月失業率:
前月4.5%、市場予想4.6%、結果4.4%!

非農業部門雇用者数:
03月前月比+7.9万人、市場予想同+19.0万人、結果21.1万人!

平均時給:
03月前月比+0.1%、市場予想同+0.3%、結果0.3%!

06月の利上げを阻まない良い結果と言えるでしょう♪

さらに先週末ようやくオバマケア代替案(共和党ヘルスケア法案)が米国下院を通過。

これでトランプノミクス(トランプ次期米大統領による大型減税・大規模インフラ投資などの経済政策)も進むというものです。

さらにさらにナスダック総合指数、S&P500は終値ベースで史上最高値を更新

ニューヨークダウ平均も21,000ドル台を回復しており、リスクオン姿勢が続いています。

と絶好調な米国経済ですが、意外にもトルコリラも頑張っています。

それが上記のトルコリラ高に繋がっており、図式でいうと、トルコリラ>ドル>>>円という最高の組み合わせで、トルコリラ円は1トルコリラ=32円台を伺うところまで来ています。


今週の注目材料

トルコ03月鉱工業生産

05月08日 16:00 【トルコ】
03月鉱工業生産

トルコ03月鉱工業生産は、市場予想前月比+0.8%に対し、実績同+1.3%!

前回02月鉱工業生産の同-0.4%よりも、そして市場予想よりも大きく改善しています。

前年比でも、市場予想同+2.5%に対し、実績同+2.8%!

うんうん、トルコ経済上向きへのポジティブ要因として捉えることが出来そうです♪


今週の予想

トルコリラは横横展開か

トルコリラに関しては、

09日:03月小売売上高

11日:03月経常収支

が予定されています。

03月経常収支は前回-25.3億USDを上回る、-32億USDの赤字という市場予想が出ています。

03月小売売上高も前月比-0.4%の市場予想となっており、トルコ経済の立て直しも、まだまだ時間がかかりそうです。

ただ上記通り、大きなテロ事件も起きてなく治安回復が進んでいる(と見える)のは朗報でしょうか。


しかし一方の米国経済が絶好調で、06月の米国連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利上げが、ほぼ確定と言ったところまで来ています。

FRB高官も揃って6月利上げを支持しているあたり、利上げがなかったら逆に混乱する(サプライズとなる)くらいでしょう。

トルコ米国間の金利差縮小に伴う、ドル買いトルコリラ売り(ドル高トルコリラ安)が進みそうです。

しかし上記通り、世界的なリスクオン状態によるドル買い新興国通貨(トルコリラ)買い円売り(ドル高トルコリラ高円安)によって、結局トルコリラ円は、横横展開の狭いレンジ相場と予想します。

トルコリラ円の為替相場見通し

トルコリラ円の為替相場見通しは、

30円00銭~32円50銭程度のレンジ相場

と予想します。

先週は、30円00銭~32円00銭程度のレンジ相場と予想していました。


トルコリラの感想

スワップ利益は、1日10,000通貨当たりおよそ平均で80.85円

(現在保有中のトルコリラはヒロセ通商)

今週も1週間が過ぎ、1日あたりのスワップポイント80.85円X7日X320,000通貨=18,110円。

無事スワップポイント分利益18,110円獲得できました。

ありがとうございます♪

しかしヒロセ通商の1日あたりのスワップポイントはおよそ80.85円(7日平均)ですか。

現在一番スワップポイントが高いFXプライムbyGMO1日平均90.14円(凄い!)ですから、今後買い増しするならFXプライムbyGMOですかね。


管理人はトルコリラを32円60銭で320,000通貨購入しています。

今トルコリラ円のレートは、31円70銭くらいです。

(31.7円-32.6円)X320,000通貨=-28.8万円。

為替差損は28.8万円となっています。

おー!大幅に減ってきている!

まあ管理人は、1年-2年でトルコリラ運用を止めようとは思っていないので、10年くらい先にトルコリラ高円安になっていれば良いのですが、そうは言ってもマイナスは心臓に良くないです。

が、しかし、為替差損は大きく減ってきています。

こうなってくるとスワップ合わせた利益は当然プラスです♪

やったね♪



トルコリラ取引の参考にとトルコリラ円為替売買動向を作りました。

くりっく365上でのTRY/JPY売りとTRY/JPY買いの枚数を週ごとですが、記載しています。

「TRY/JPY買い勢の多くがロスカット(強制強制決済)された!」(かも)などが見て取れます…。

またトルコリラを運用する上で、真面目に選定したFX会社比較ランキング作りましたので、参考にしてやってください♪

今のところはトルコリラ円のスワップポイントが一番高いFXプライムbyGMOさんがお薦めです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑

トルコリラならFXプライムbyGMO マネーパートナーズ