トルコリラ円スワップ生活-市場小売売上

2月小売売上高は良かった?ものの他の要素が強すぎ

今週のまとめ

リスク回避のドル高円高トルコリラ安

トルコリラは弱含み

トルコ自体は大きなテロ事件も起きてなく治安回復が進んでいるとみられるものの(トルコリラ高要因)、トルコ3月消費者物価指数と生産者物価指数が悪すぎ(トルコリラ安要因、でもまだ一応想定内)、また政治的不透明感からトルコリラは売られました。

さらにシリア政府軍による化学兵器使用。

その報復処置として米国軍によるシリアへの直接的軍事行動(ミサイル攻撃)にでたことにより、リスク回避のドル買い円買い(ドル高円高)が進むとともに、とばっちりのトルコリラ売り(トルコリラ安)が進む結果となってしまいました。

(ドル高円高トルコリラ安でトルコリラ30円割れ参照)


一方の米国ドル(と日本円)。

北朝鮮による長距離ミサイル発射や、ロシア第2の都市サンクトペテルブルクでの地下鉄爆弾テロなどにより、リスク回避的な円買いが進みました。

さらにシリア政府軍による化学兵器使用。

その報復処置として米国軍によるシリアへの直接的軍事行動(ミサイル攻撃)にでたことにより、再びリスク回避姿勢が強まり、円買い(円高)が進みました。

ドル上昇のきっかけとして期待された米国03月の雇用統計でも、非農業部門雇用者数は市場予想前月比+18.0万人に対し同+9.8万人と予想を大きく下回るネガティブサプライズとなったことから、ドル円は一時110円12銭-13銭まで下落しました。

各地での相次ぐテロ事件。

北朝鮮の挑発的な長距離ミサイル発射実験。

シリアでの化学兵器使用。

その報復としての米国軍による軍事(ミサイル)攻撃。

シリア隣国のトルコリラはリスク回避で売られ、そして同じくリスク回避でドルは買われ、円はもっと買われました。

図式でいうと、円>ドル>>>トルコリラという最悪の組み合わせで、トルコリラ円は1トルコリラは30円を明確に割っています。


今週の注目材料

トルコ02月小売売上高

04月07日 16:00 【トルコ】
02月小売売上高

トルコ02月小売売上高は、市場予想前月比-0.18%に対し、実績同+1.60%

前回1月小売売上高である同-0.6%より、市場予想より大きく改善しています。

しかし前年比だと、市場予想同-2.06%に対し、実績同-4.40%

前月比では市場予想を上回ったのに、前年比では市場予想を下回るという、この市場予想っていったい何?みたいな状況になっています。

ただ上記通り、シリア問題(内戦)や米国雇用統計でのネガティブサプライズの方が強すぎて、トルコの1指標なんて相手にされていません。


来週の予想

トルコリラは弱含みで推移か

トルコリラに関しては、

10日:02月鉱工業生産

11日:02月経常収支

が予定されています。

トルコ02月鉱工業生産は、市場予想前月比+1.2%(前回実績同+1.3%)

前年比では市場予想同+2.5%(前回実績同+2.6%)となっています。

トルコ02月経常収支は、市場予想-25.3憶USドル(前回実績-27.6億USドル)です。


しかしこのトルコ経済指標より、隣国シリア問題が後を引きそうで、

米国軍によるシリアへの直接的軍事行動(ミサイル攻撃)は地域の不安定化を増大させ、地政学リスクを大きく上昇させる要因となります。

現にヘイリー米国国連大使は「米国はさらなる軍事行動を取る用意がある」と発言。

逆にロシアのプーチン大統領は「侵略」と非難しています。

と、ますますリスク回避のトルコリラ安円高が進みそうです。

トルコリラ円の為替相場見通し

トルコリラ円の為替相場見通しは、

29円00銭~31円00銭程度のレンジ相場

と予想します。

先週は、29円00銭~32円00銭程度のレンジ相場と予想していました。


トルコリラの感想

北朝鮮もシリアも、なんでそんなことするかなー。

(そもそもシリアは自国民に何をやってるんだ!)

アメリカも(一応シリアには警告し、ロシアには事前通告したようで、攻撃規模の割には死者が少なかったのはその為)ミサイル攻撃。

各地でテロも起きており、北朝鮮問題もくすぶってます。

円>ドル>>>トルコリラという円高ドル高、トルコリラ一人負け安が続きそうです(涙

ただ、2017年01月12日に付けた1トルコリラ=29円が底と思いたい…。


スワップ利益は、1日10,000通貨当たりおよそ平均で81.85円

先週よりもスワップポイントが下落しています。

悲しい出来事です…。

今週も1週間が過ぎ、1日あたりのスワップポイント81.85円X7日X320,000通貨=18,334円。

無事スワップポイント分利益18,334円獲得できました。

ありがとうございます♪

しかしヒロセ通商の1日あたりのスワップポイントはおよそ81.85円(7日平均)ですか。

現在一番スワップポイントが高いFXプライムbyGMO1日平均86.57円ですから、今後買い増しするならFXプライムbyGMOですかね。


管理人はトルコリラを32円60銭で320,000通貨購入しています。

今トルコリラ円のレートは、29円80銭くらいです。

(29.8円-32.6円)X320,000通貨=-57.6万円。

為替差損は89.6万円となっています。

先週の為替差損57.6万円より32.0万円増えてます。

…(涙

まあ管理人は、1年-2年でトルコリラ運用を止めようとは思っていないので、10年くらい先にトルコリラ高円安になっていれば良いのですが、やはりマイナスは心臓に良くないです。

それまではスワップポイント利益で楽しみながら耐えるようにします♪



トルコリラ取引の参考にとトルコリラ円為替売買動向を作りました。

くりっく365上でのTRY/JPY売りとTRY/JPY買いの枚数を週ごとですが、記載しています。

「TRY/JPY買い勢の多くがロスカット(強制強制決済)された!」(かも)などが見て取れます…。

またトルコリラを運用する上で、真面目に選定したFX会社比較ランキング作りましたので、参考にしてやってください♪

今のところはトルコリラ円のスワップポイントが一番高いFXプライムbyGMOさんがお薦めです。

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑

トルコリラならFXプライムbyGMO マネーパートナーズ