トルコリラ円スワップ生活-投票

トルコ国民投票は僅差ながらも賛成多数で国外投票終了

トルコ国民投票は賛成多数で承認

トルコで16日、大統領権限を強化する憲法改正の是非を問う国民投票が行われた。

即日開票され、高等選挙委員会が同日深夜、改憲賛成派が勝利したとの暫定結果を発表した。

アナトリア通信によると、賛成が51.4%と承認に必要な過半数に達した

エルドアン大統領は「国民は歴史的な決断を下した」と勝利宣言した。

開票率99.9%の段階で賛成は51.4%反対は48.6%となり、賛成が僅差で反対を上回った。

エルドアン氏は16日夜、最大都市イスタンブールで演説し「ギアを上げて、より迅速に(トルコを)発展させる」と強調した。

(中略)

国民投票で問われた改憲案の柱は大統領権限の大幅な強化だ。

承認が確定すれば、2019年11月に実施見通しの大統領選挙後、現行の議院内閣制から大統領が国家元首と行政の長を兼ねる体制に移行する

新体制では大統領が国会の解散権や司法の人事権を掌握。

2期10年の多選制限を事実上緩和し、14年から大統領を務めるエルドアン氏が29年まで続投することも可能となる。

さて上記通り、賛成は51.4%反対は48.6%となり、賛成が僅差で反対を上回り、憲法改正案は承認されました。

思っていたよりも僅差でびっくりしています。

だって開票作業開始直後は賛成派は60%を優に超えていて、それが徐々に反対派が盛り返してきて、最後はほんの僅差での薄氷の勝利でしたからね。

いやー危なかった。

市場関係者の間では、エルドアン大統領政権による政治的安定、政策実行力、(海外からの)投資促進から、株価やトルコリラの上昇につながる、と言われています。

是非そうなって欲しいものです♪

それにしても投票率は85%を超えている様子。

国民の政治への関心の高さが伺えます。

こういうところは日本も見習わないとね。


ここまで僅差になった理由として、以前にも書きましたが、国民の声として

「エルドアン大統領への権限集中は賛成!でもその次や次の大統領がエルドアン大統領みたいな人とは限らないので、そういう人に権限を集中させるのは危険だから反対!」

という、エルドアン大統領支持だけど反対という層が一定数いたからです。

(当然反対票の中には権限集中に反対!独裁的体制強化に反対!という人の方が多いですが)

それはそうですよね。

権限を集中、掌握する方向には権力という魅惑の果実から人は動きますが、権限を手放す方向には、なかなか人は動きませんよ。

また、あなたのすぐそばにもいると思いますが、独裁者、または独裁的な人も初代は優秀ですが、2代目3代目も優秀という例は稀有な例であり、逆に2代目3代目はポンコツっていう例が圧倒的に多いですからね。

だたそこは理性を持って、そして選挙にて、民主的に、次の大統領を選んでいって欲しいものです。


トルコ国民投票の結果でトルコリラ

もう分かりやすいくらいに、トルコリラ高で反応しています。

ドルトルコリラも、トルコリラ円も、トルコリラ高方向に窓開きで今週がスタート。

その後の徐々にリスク回避のドル高円高から窓を埋めていきましたが、それでも新体制への期待、政治的安定からのトルコリラ買いで良い反応と思います。

願わくばこの後も治安回復に努めて、トルコ経済の発展を推し進めて欲しいものです。

(ただうやはり僅差と言うこともあり、反対派は投票の無効、開票作業のやり直しを要求しており、もう少しごたごたは続くかなー…)


トルコリラ取引の参考にとトルコリラ円為替売買動向を作りました。

くりっく365上でのTRY/JPY売りとTRY/JPY買いの枚数を週ごとですが、記載しています。

「TRY/JPY買い勢の多くがロスカット(強制強制決済)された!」(かも)などが見て取れます…。

またトルコリラを運用する上で、真面目に選定したFX会社比較ランキング作りましたので、参考にしてやってください♪

まあトルコリラ取り扱っているFX会社って少ないのですけどね(笑

トルコリラならFXプライムbyGMO マネーパートナーズ